学校見学・体験入学

HOME > 入学案内
  • 入学案内
  • 願書提出をお考えの方へ
  • ファミリー(家族)割引&学生紹介制度
  • 社会人・大学・短大・専門卒の方へ
  • Wライセンス&マルチライセンスコース
  • 出願方法&奨学金制度
  • AO入試のご案内
  • 就職先&出身校一覧
  • 女子寮のご案内

入学案内

2017年度(2018年4月入学生)募集についてのお知らせ
2017年度募集についてのお知らせ
◆募集時期
2017年10月2日~2018年3月31日(募集期間中でも各学科毎に定員に達し次第募集を終了します)
AO入試のエントリー期間は2017年6月1日~8月31日(募集開始前に「AO内定」取得できます。)
◆応募資格
・調理師科 調理師コース(1年制):2018年3月までに中学校卒業以上
・その他の学科コース:2018年3月までに高等学校卒業(または同等)以上
(※年齢の上限はありません)
◆学費・定員:各学科のページを参照ください。
◆修業年限
・日本栄養専門学校:2年
・日本調理製菓専門学校
  調理師科 プロ技術経営コース:2年,調理師コース:1年
  製菓技術科 プロ・パティシエコース:2年,製菓製パンコース:1年
  調理+製菓Wライセンスコース-:1年+1年(計2年)
※すべてコース(高卒以上のみ)は日本学生支援機構の奨学金貸与対象となります。
◆取得資格
日本栄養専門学校
栄養士(国家資格)、管理栄養士(国家資格、要実務経験3年)、食育インストラクター3級(日本食育インストラクター協会)、調理師(国家資格/Wライセンスコース受講者)、介護食士3級(講習受講者)、介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)(講習受講者)、専門士[4年制大学の3年生に編入可]
日本調理製菓専門学校
調理師科:調理師(国家資格)、食品技術管理専門士(プロ技術経営コースのみ)、ふぐ調理講習会受講済証(講習受講者)、カフェクリエーター3級(プロ技術経営コースのみ)、専門士[4年制大学の3年生に編入可](プロ技術経営コース)、介護食士3級(講習受講者)
日本調理製菓専門学校 製菓技術科
製菓衛生師国家試験受験資格(プロ・パティシエコースおよびWライセンスコースは2年次に受験可)、カフェクリエーター3級(プロ・パティシエコース&Wライセンスコース)、ラッピングクリエーター3級(プロ・パティシエコース&Wライセンスコース)、介護食士3級(講習受講者)、専門士[4年制大学の3年生に編入可](プロ・パティシエコース)

◆応募方法
右のページを参照ください。 >> 応募方法 >>

王国の新たな住人を大募集じゃ!

AO入試制度もあります

今年度も『AO入試』を行います。AOエントリー資格取得証明書及びエントリー用紙と課題用紙は2017年3月11日から8月26日までに行われるオープンキャンパス・体験入学・一日体験入学等に参加して手に入れてください(8/31エントリー締切)
AOエントリー資格取得証明書&AOエントリーシート&課題用紙を提出しその後面談をして内定・非内定が決まります。もちろんAOエントリー時には、「推薦書」や「成績証明書」などは必要ありません(ただし正式に出願するときには必要となります)。
詳しくはAO募集資料をご覧ください。AO入試に内定された方が出願する場合は選考料(20,000円)が免除になる特典があります。
また、AO内定者の方は「AOチャレンジ試験(希望者のみ)」を受験することも可能で、入学金減額の特典(得点により減額金額が変わります)も得られます。
詳しくは「AO入試のご案内」をご覧ください。

その他多くの学費優遇制度があります。

・研究奨学特待生制度:入学決定者の中で一定の条件が揃えば研究奨学生試験(筆記&面接)に受験でき、合格者は授業料が半額?1/4免除になります。
・資格奨学金制度1:調理師or製菓衛生師or栄養士免許を取得済(取得見込み)の方が入学される場合は入学金を全額免除します。
・資格奨学金制度2:食物調理技術検定1・2級取得者は入学金を一部減額します。
・特別推薦入学制度:2年制学科・コース入学される方で一定の条件が揃えば入学金を減額します(AO入学・指定校入学とは併用不可)
・指定校推薦制度:当校より指定校になっている高校からは指定校推薦で出願可能です入学金減額の特典あり(詳細は高校の先生よりお聞きください)。

調理師科・製菓技術科の学費は関西の同分野校の中ではとてもリーズナブルです!

京阪神の同分野校との学費の比較(2015年度学費参考)

学校名 入学金 授業料 実習費 施設費 合計
日本調理製菓専門学校 100,000 660,000 480,000 150,000 1,390,000
A調理師専門学校(大阪) 250,000 884,000 936,000 70,000 2,140,000
B調理師専門学校(大阪) 100,000 882,000 918,000 50,000 1,950,000
C調理師専門学校(京都) 150,000 770,000 660,000 170,000 1,750,000
D調理師専門学校(兵庫) 100,000 770,000 770,000 100,000 1,740,000
E調理師専門学校(兵庫) 150,000 640,000 600,000 150,000 1,540,000
F製菓専門学校(兵庫) 100,000 820,000 500,000 330,000 1,750,000

※上記学費表は本校が独自に調査したもので、個々の学校によっては若干の変動があるかもしれません。
すべての学校が上記以外に実習用品、教科書代および、諸経費等必要になります。

pagetop
「プロ技術経営コース」&「プロ・パティシエコース」について

調理師科2年制の『プロ技術経営コース(通称:プロテクコース)』と製菓技術科2年制『プロ・パティシエコース』は高度の技術習得と将来の為に経営ノウハウを学ぶ、まさしく「プロ」になるためのスペシャルコースです。

現在の関西の調理師科及び製菓学科は1年制が中心ですが、今の流れから見ると、今後は2年制が主流になってきます。
その理由を「プロ技術経営コース」及び「プロ・パティシエコース」の特徴と共に説明します。

 

  1. 現在、他の分野の専門学校で1年制の学科を設置しているところはほとんどありません。(ほぼすべて2年制以上です)
  2. 専門学校2年制以上の学科を卒業すると、「専門士」の称号が付与されます。これによって短大卒と同じ扱いになり、4年制大学の3年次に編入可能になり、給与体系も短大卒と同じになります。
  3. 1年制は入学してすぐに就職活動をする必要がありますが、実際にはなかなか実感が湧かず、夏休み中に入社試験がある大手ホテル等を受験するのは間に合わない可能性があります。その点2年制は2年開始と共に就職活動を初めても余裕があり、自分の納得できる就職活動ができます
  4. 調理師免許を卒業時に無試験で取得したり製菓衛生師試験の受験資格を得るためには国で定められた科目を所定の時間実施しなければなりません。しかし、内容は実習よりも講義が主となり、1年制では実習にウェイトを置くことが大変難しい状態です。
  5. 1年制だと実習時間が限られてしまいます。そのため、料理や製菓の基本をまんべんなく行わなければならないので、基本技術の習得が中心になってしまいます。しかし、2年制は1年次に基礎を2年次には応用的な実習ができます
  6. 2年制の学科は2年次のカリキュラムに自由度があり、学校独自のオリジナルカリキュラムを組むことができ、特に実習にウェイトを置くことができます。(学校ごとの特徴・目的がはっきりわかります)
  7. プロ技術経営コースは1年次に調理の基本を学び、2年次にはより実践的な授業(大量調理・レストラン実習・校外実習・食品加工貯蔵実習 等)を行うことにより、実際に現場で同時に大勢のお客の注文にも対応できるようになり、実務に強い「プロ」になれるという訳なのです。
  8. 2年制コースは学ぶ技術も調理や製菓だけにとどまらず、食を材料段階から加工・製造したり、作ったものをおいしい状態で貯蔵したりする技術を学ぶなど「食」をグローバルに学ぶことができ、プロとして独り立ちしたときに大いに役に立つ技術・知識ばかりです。
  9. 将来独立してレストランや製菓店などを開く場合、調理や製菓技術だけでは経営は成り立ちません。しっかりとした経営ノウハウを学んでおく必要があります。これを社会に出て働きながら学ぶことは非常に難しいのが現状です。しかし、これら2年制コースでは「経営マネージメント」等の授業があり在学中にしっかりと経営について学べます
  10. 製菓技術科2年制「プロ・パティシエコース(調理+製菓Wライセンスコースも同じ)」は通常なら卒業してから受験する「製菓衛生師国家試験」を2年生在学中に受験できるようになっています。このため試験前には入念な受験対策が行われ製菓衛生師全員合格を目指せ、毎年高い合格率(常に90%以上)を誇ります

pagetop