ニュース

HOME > ニュース > 野外実習を行いました
野外実習を行いました

日本栄養専門学校・日本調理製菓専門学校の学生それぞれが姫路市立藤ノ木山自然公園で新入生の親睦をかねて、野外実習を行いました。両日ともまずまずの天気で、飯ごう炊さん形式で各版に分かれ、薪に火をつけ、飯ごうで御飯を炊き、肉・イカ・野菜などを焼き、それにサラダ・みそ汁もある豪華なメニューでした。
この実習会は新入生の親睦が大きな目的ですが、実は御飯を炊くときや肉を焼くときの火加減や、下ごしらえの方法など調理基礎理論・実習も入った大事なイベントです。

まずは、説明を受けて、各版に分かれ準備にかかります。でも、新入生は自分の班もまだよく分からない人がいました(^_^;)

さっそく材料の準備です。主な下ごしらえは2年生の先輩の仕事です。さすがに2年目になると、慣れた手つきです(^_^)v

何と、味噌汁はダシからひいて作るなど、本格的!

さあ、下ごしらえも大体終わり、さあ、バーベキューの始まりです。煙が目にしみる!

ここからは各班担当者の腕の見せ所。みんな上手に焼いているのでしょうか?でも、先生が見かねて手伝う風景もちらほら・・・(^^;)

煙にむせながら、美味しそうに材料を焼いていきます。

やはり、外で食べるだけでも美味しいですよね。みんな満足そうな顔をしていました。

さあ、どんどん食べないと誰かに食べられちゃうぞ。みんながんばれ!

飯ごうで炊いたご飯もみんな上手に炊けました。このために米の炊き方の授業をやったかいがありました。

おかずもご飯も班毎に分けておいしくいただきました。

肉はもちろん、野菜サラダから味噌汁までみ〜んな手作りの本格的なバーベキュー大会でした。

最後は食後の運動を兼ねたレクレーションです。ストレス発散にみんな張り切ってまして。

pagetop