ニュース

HOME > ニュース > 調理師科2年生「タケノコ掘り」体験実習開催
調理師科2年生「タケノコ掘り」体験実習開催

みかしほ学園のある播磨地方の中心都市「姫路」は海(瀬戸内海)と山(中国山地)地に挟まれて自然の恵みの多い所で有名です。
その中にはこの時期ならではの山の幸「たけのこ」も有名です。
たけのこを使った料理をするなら、実際にたけのこがある竹林に行って取るところからはじめようということで姫路市の北部にある「太市」の山へ行って実際に掘らせていただきました。
普段の実習とは全然違うけどみんな楽しそうに勉強しました。
最後はその場で天ぷらにして試食し、残りは学校に持って帰り煮物にしました。
「太市」のたけのこは関西では美味しくてとても有名です。
 

 

地面から頭を出しているのは料理しても固く、えぐいのでダメです。よって地面を掘って探します。

見つけたら、今度は掘り出し方です。周りを慎重に掘って大事に取り出さないと商品になりませんよね。

さあ、みんな手分けしてまずは「たけのこ」を探します。

見つけたらさっそく専用の器具で掘っていきます。でもみんなおそるおそるです。

ほら、もうみんな収穫しています。

竹林のオーナーも楽しそうに指導してくれました。

あちこちでおいしそうなたけのこがいっぱい取れました。

みんなタケノコ掘りは初めてみたいでした。タケノコを自分達で掘って、学校に持って帰りそれを調理します!

さあ、採れたタケノコはさっそく天ぷらで試食です。採れれたてですから柔らかいです。

pagetop