ニュース

HOME > ニュース > 製菓技術科2年生 校内技術コンテスト2015が開催されました
製菓技術科2年生 校内技術コンテスト2015が開催されました

2月に入り、最終学年の学生は卒業が目前に迫りました。
日本調理製菓専門学校 製菓技術科2年生では授業の総仕上げとテストを兼ねた校内コンテストが開かれました。
緊張の中、全員が規定のケーキ作り(主にナッペや絞り)を1人1台作成していきます。
準備から後片付けまでも審査の対象です。
また出来上がったケーキはデザインのみならず、断面も審査します。
日頃の練習の成果が出せなかった学生もいるようですが、こういった緊張の中で作業するのも経験です。
悔いが残った者は残ってまた練習していました。
みんな頑張れ!!

まずは開会式です。競技の内容や注意事項を真剣に聞いています

スポンジケーキと生クリーム、絞り袋等を揃えて準備完了

さあ、コンテスト開始です。みんな緊張した手つきで始まりました

スポンジケーキを持つ手も震えているような・・・

おしゃべりも聞こえない、静かな中で淡々と進みます

よく見ると色んな格好で作っていますね。姿勢が悪いと疲れるばまりか減点ですよ!

そろそろみんな完成かな、時間制限もあるので大変あせりますよね

できあがった作品は審査会場に以て行きます

ケーキの切断面でクリームの厚みの均等さなどを確認します

ケーキ側面の絞りも審査されます。きれいだけでなく均等さも重要です

完成したケーキ全面です。絞りはきれいにできたかな?

審査員は現役のパティシエさんたちですから審査もシビアです!

pagetop