ニュース

HOME > ニュース > 日本調理製菓専門学校野外実習を行いました
日本調理製菓専門学校野外実習を行いました

日本調理製菓専門学校の学生が各学科毎に高砂市立一ノ池公園で新入生の親睦をかねて、野外実習を行いました。絶好の天気の中、飯ごう炊さん形式で各版に分かれ、薪に火をつけ、飯ごうで御飯を炊き、肉・イカ・野菜などを焼き、それにサラダ・みそ汁もある豪華なメニューでした。
この実習会は新入生の親睦が大きな目的ですが、実は御飯を炊くときや肉を焼くときの火加減や、下ごしらえの方法など調理基礎理論・実習も入った大事なイベントです。

みんな手分けして材料の準備や下ごしらえをします

こちらは飯ごうでご飯を炊いています。ちゃんと炊けるかちょっと心配です・・・

こちらではおみそ汁を作っています。やはりご飯にはみそ汁でしょっ!

下準備もそろそろ終わり、各版に分かれます

さあ、バーベキューの始まりです。煙が目にしみる!

みんな楽しそうです!

こちらは調理師科の野外実習風景です。最初は先生の諸注意です

2年生の先輩が材料の切り込み等を説明します。みんな真剣に見ています

さあ、班毎に分かれてバーベキューの始まりです

鶏も美味しそうに焼けてきました

煙にむせびながら焼いていきます

天気のよい日に外で食べるのは気持ちいいです(でも日に焼ける・・・)

pagetop