ニュース

HOME > ニュース > 「町家カフェ しょうあん」を期間限定OPEN!
「町家カフェ しょうあん」を期間限定OPEN!

 

 

 

またまた期間&曜日限定で「みかしほ学園」が姫路城西にある町家を使った「町やカフェ しょうあん」をオープンします(今回は2016年5月20日(金)5月27日(金)6月3日(金)6月10日(金)6月17日(金)計5回オープン)

 

●「町家カフェ しょうあん」
※メニュー作成から調理・サービスに至るまで学生(日本調理製菓専門学校 調理+製菓Wライセンスコース2年生およびプロ技術経営コース2年生)主体で運営されます。
ランチ&カフェ・スイーツを提供いたします。みなさんのご来店をお待ちしています。
★開店日時:2016年5月20日(金)5月27日(金)6月3日(金)6月10日(金)6月17日(金)計5回の開店です。 これ以降は再オープンの予定はありません。
各日11:00?15:00(14:00ラストオーダー)
※1日20食限定の提供になります。開店時間内でも売り切れた場合は閉店いたします(売り切れの際はご容赦願います)。
(「しょうあん」は土・日曜日に兵庫県立大学の学生が運営し、メニュー等もすべて変わります)
(上記以外の平日は原則閉店しています)
※申し訳ありませんが事前予約は受け付けておりません
●これ以降は再オープンの予定はありません

 

※注:期間限定の開店になります。一日限定20食を提供いたします。売り切れました際はご容赦願います。

 


 

◎町やカフェ「しょうあん」2016年6月17日(金)のメニューです

<しょうあんメニュー>
●オリジナルヘルシーランチ(デザート&ドリンク付) 800円
【メニュー:桜海老と空豆の炊き込みご飯、鶏もも肉のピリ辛マヨネーズ和え、海老のレモン蒸し、卵とツナのキャベツ巻き、揚げ出し里芋、豆腐と鶏肉団子のスープ】
※左の写真は2016年6月17(金)のメニューです。
●画像をクリックすると拡大表示します。

 
 

 

●皿盛りのヘルシーデザート(ランチにセットで付いてきます)
【メニュー:サンセバスチャン(ダミエ柄ケーキ)、ブランマンジェとグレープフルーツジュレ、ダックワーズ】
※左の写真は2016年6月17日(金)のメニューです。
●画像をクリックすると拡大表示します。

 
 
 
 
 


 

町家カフェ「しょうあん by MIKASHIHO」の場所
住所:姫路市姫路市材木町9


大きな地図で見る

※車でお越しの方は前の「一之橋交差点」西側にある「野本眼科」駐車場(有料)が利用可能です。(30分100円)駐車場から「しょうあん」まで徒歩約3分です。

 

●以下は2015年4月26日(金)「しょうあん」開店初日風景です

町家カフェ「しょうあん by MIKASHIHO」外観と学生スタッフ

町家カフェ「しょうあん by MIKASHIHO」サービス風景

町家カフェ「しょうあん by MIKASHIHO」サービス風景

町家カフェ「しょうあん by MIKASHIHO」厨房風景

 

<お客様の感想>

●男性、40代
「地元産の野菜を使っていると聞いて、地産地消でよいと思った。なかなかそういう店が少ないので。地域活性化に学生さんのフレッシュさとパワーというものがマッチするのではと感じた。料理の見栄えも素敵でした。」


●女性、40代
「女性にいいお店だと思います。味も、量も、お安くてうれしい。玄米や自然食が好きなので、そのようなメニューがあるとうれしいです。地元産を使っているとのこと、安心だし美味しかったです。」


●男性、40代
「安くて、オーガニックで、少量で、言うことなしです。小食の方が健康的で、資源も大切にできると思いますので。家から近ければ毎日来てもいいくらいです。とてもおいしかったです。」


●女性、50代
「新人さんの一生懸命さが伝わって良いのですが、少しぎこちないところもあるので、一連の動きがスマートに行われれば、もっと良くなるなあと思いますよ。でも、慣れていない良さでもあると思いますけど・・・!! 今後を期待します。」


●女性、30代
「来やすい雰囲気でゆったりのんびり過ごせました。お料理・デザートもとても美味しかったです。また是非来たいと思います。ごちそうさまでした。」


●女性、40代
「ランチの量もデザートの量もちょうど良く満足。味も好みの味付けで私としても勉強になりました。」


●女性、50代
「みかしほさんが運営していると看板に書いてあったので、仕事帰りによりました。何より安い!! 姫路はなかなかシャレた店がなくて・・・。あってもイタリアンが多くて、和食のランチが少ない!! 少量でいいので、今日のランチの様にスローフードなメニューがとてもよかった。この様な取り組みをどんどんして欲しいです。おいしかったです。がんばってください。」

pagetop