ニュース

HOME > ニュース > 「みかしほレストラン」が期間限定でオープンしました(2017年12月8日~10日)
「みかしほレストラン」が期間限定でオープンしました(2017年12月8日~10日)

みかしほレストラン2017年度風景

 

3日間限定で、シェフの卵による地産地消レストランがOpenしました!

平成29年12月8日(水)~10日(土)午前11時~午後2時[1部:午前11時~、2部: 正午~、3部:午後1時~ ※食事時間は、いずれも40分間]で姫路市農業振興センター(姫路市山田町多田1174?47)にて「みかしほレストラン」が開催されました。
「みかしほレストラン」では、姫路市の農畜水産物を活用したオリジナル料理を、みかしほ学園の調理師科2年生が1人づつ個々に考え、調理し提供しました@700円)。
みかしほ学園 日本調理製菓専門学校 調理師科2年生の学生による姫路市産の農畜水産物を用いた食事を提供し、地元の食材のすばらしさを認識し、調理師の卵が考えたオリジナル料理をおいしく味わっていただくイベントです。
調理師のタマゴである、当校の学生が今回の取組を通じて、地産地消の旗振りをできるシェフとなれるよう姫路市が応援してくれました。
今年も事前予約制で申し込みが行われましたが、けっこうな人気だったようです。

 

~ 下の写真は今年度のオリジナル料理の一部とレストランの風景です ~

姫路れんこん飛竜頭~甘酢あんかけ~

つばすのエスカベッシュ

紫芋のブランマンジェ

地元野菜とあさりの豆乳チャウダー

桃色吐息のやわらか煮~アールグレイの香り~

桃色吐息と蓮根のガランティーヌ

紫黒米のさつま芋ごはん

たっぷり里芋とフレッシュトマトの春巻

柚子のシフォンケーキ

開始直前まで一生懸命準備をしています

会場も準備が終わり、学生は最終の盛り付けに一生懸命です

完成したらサービスしやすいように会場で最終準備です

立派な看板まで準備してくれています

開始前に教員がシステムや内容を説明します

学生も開始直前はちょっと緊張気味です

さあ開始です。バイキング形式なので気に入った料理を各自取りにいきます

個々の料理の説明は作った学生がします

お盆に気に入った料理とご飯・スープを載せたらテーブルにもどります

pagetop