日本栄養専門学校

HOME > 日本栄養専門学校 > 「介護職員初任者研修」講座のご案内
日本栄養専門学校外観
  • 日本栄養専門学校の概要
  • 日本栄養専門学校の特長
  • 栄養士科カリキュラム
  • Wライセンスコース(栄養+調理)
  • ホームヘルパー2級講座のご案内
  • 校舎・設備のご紹介
  • 学生生活スナップ集
  • 交通アクセス
  • 学校見学・体験入学のご案内
  • デジタルパンフレット
  • 資料請求はこちら

「介護職員初任者研修」講座のご案内

在学中に「介護職員初任者研修」が取得可能です!(究極のトリプルライセンス)

校内で介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)講習会が開かれ、受講修了者は「介護職員初任者研修修了」の資格が取得できます。
これにWライセンスコースを絡めれば、栄養士+調理師+介護職員初任者研修修了が取得でき、究極の『トリプルライセンス』になります。これにより、今後益々増えるであろう福祉施設の就職には断然有利となり、将来も役に立つ資格ばかりです。

■介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)とは?
旧ホームヘルパーから新しい制度に変更になりました。当資格取得後は、「実務者研修」「介護福祉士」そして「認定介護福祉士(仮称)」というようにステップアップも目指せます。訪問介護員養成研修事業として都道府県から指定を受けた養成研修を修了した者に交付される資格で介護保険法の施行を受け、老人病院や福祉施設で働くだけでなく、家庭や地域においても活躍できる介護ビジネス資格のファーストステップとも言えます。
福祉の職場でも活躍できる栄養士に!

訪問介護実習先でのスナップ高齢化が進み、3人に1人の割合で高齢者になる時代がやってこようとしております。

当校栄養士科の最近の就職先を見ても福祉施設での就職が目立って多くなっています。高齢者に接するための技術と知識の必要性が非常に大きくなってきました。平成14年度以降の栄養士養成のカリキュラムにも福祉に関する教科が追加されています。
このような情勢の中、当校でも必要性を感じ、希望者を対象に校内で介護の資格である「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」の講習会を実施しています。
毎年大勢の学生が受講しています。

pagetop
実施内容
対象者 日本栄養専門学校 栄養士科1年生の受講希望者のみ(外部の募集はしません)
研修期間 毎年4月〜8月までの週2〜3回程度の正規授業終了後
研修場所 日本栄養専門学校 校内各教室
研修内容 研修時間 130時間(下記資料参考)
(講義40時間 実技スクーリング90時間)
研修費用 合計 現在未定(決定次第アップします)※年により若干変動があります。
(授業料・教科書代・学外研修費等すべて含みます)
資格認定 資格認定:全研修受講&認定試験合格が条件になります。

※講習の詳細については栄養士科に入学が決定された方を対象に入学前と入学後、説明会を開催しています。

主な授業と時間

・職務の理解 :6時間
・介護における尊厳の保持・自立支援 :9時間
・介護の基本 :6時間
・介護・福祉サービスの理解と医療との連携 :9時間
・介護におけるコミュニケーション技術 :6時間
・老化の理解 :6時間
・認知症の理解 :6時間
・障害の理解 :3時間
・こころとからだのしくみと生活支援技術 :75時間
・振り返り :4時間
 以上、合計 130時間

 
※詳細はこちらを参照 → 日本ホームヘルパー協会

2004年1/26の日本経済新聞でも当校の旧ホームヘルパーコースが紹介されました。

ホームヘルパーコースの紹介記事

コレカラノジダイニヤクダツヒトニナレル!

pagetop